ネキシウムを服用して辛い副作用が出ることはない?

過敏性腸症候群の原因は主にストレス

下痢や便秘や腹痛などの慢性的な症状で悩んでいるという人は多いのではないでしょうか。
これらの慢性的な症状に加えて疲労やストレスや不安感や集中力の低下や抑うつなどの症状もある場合は過敏性腸症候群である可能性が高いです。

過敏性腸症候群は、消化管運動異常や消化管知覚過敏や心理的異常が原因となって下痢や便秘や腹痛などの症状が出てしまう疾患です。
大腸の異常と分泌機能の異常により引き起こされる過敏性腸症候群ですが、大腸の異常と分泌機能の異常が引き起こされる原因ははっきりとしていません。
はっきりとはしていませんが、ストレスが最も大きな要因であるとみられています。ストレスにより下痢や便秘や腹痛の症状が悪化するということも認められています。
そのため、神経質な人やストレスを感じやすい人や生真面目な人が発症しやすいという特徴があります。

発症年齢は20~40代が多く、男性は下痢の症状が出やすく女性は便秘の症状が出やすいという特徴もあります。
神経質な人やストレスを感じやすい人が過敏性腸症候群を発症すると、トイレが近くにないと不安になったり、急に症状があらわれてしまうことに対する恐怖を感じたり、症状が気になって集中力がなくなったり仕事のパフォーマンスが低下したりしてしまうなどの悩みも生まれてさらに症状が悪化してしまうという問題もあります。
その悩みは放置すればするほど深刻になってしまいますので早めの対策が重要なカギとなります。

まずはできることから始めてみましょう。
意識すべきこととしては、疲労やストレスをため込まないようにする、リフレッシュすることができる趣味やスポーツやリラックスすることができる癒しを日常生活の中に上手に取り入れる、栄養バランスのとれた食事をとる、睡眠をたっぷりととったり体を温めたりして自律神経の乱れを整える、適度な運動を習慣づけて代謝や血行を促進させるなどがあります。
それでも症状が良くならない場合は病院を受診して医師に相談しましょう。

病院で検査しても炎症などの症状は見られない

過敏性腸症候群は病院で検査をしても炎症などの症状は見られず、異常が認められないという厄介な疾患です。
まずは大腸内視鏡などの検査を行って、ポリープや大腸がんや潰瘍性大腸炎やクローン病や大腸憩室炎などの疾患ではないかどうかを調べてから、過敏性腸症候群であると診断されることがほとんどです。

問診による自覚症状などから過敏性腸症候群であるということを疑いますので、病院を受診する際は医師に自覚症状を詳細に伝えることがとても重要になります。
どんなときに下痢や腹痛や便秘などの症状があらわれるのか、1日何回くらいトイレに行くか、便の状態、腹痛の程度や痛みのあらわれ方などについてわかりやすくきちんと医師に説明しましょう。

過敏性腸症候群の治療は、薬物療法や心身医学的療法や食事療法などが用いられます。
薬は、下痢や腹痛や便秘などの症状に合わせて整腸剤や下痢止めや鎮痛剤や便秘薬などが処方されます。
これらの薬で症状が改善されない場合は抗うつ剤や抗不安剤などが処方されることもあります。心身医学療法としては、自律訓練法や認知行動療法や精神療法などが行われます。

過敏性腸症候群の症状を緩和させるためには日頃の食生活や生活習慣を見直す必要もあります。
食生活においては、消化が良くお腹にやさしい食べ物を食べるようにして、腸に刺激を与えてしまうアルコールや辛いものや食物繊維をたくさん含む食べ物などは控えることが大切です。
自律神経の乱れを整えて精神を穏やかに保つことも重要になりますので、良質な睡眠や適度な運動や規則正しい生活リズムや疲労回復やストレス解消などを心がけて健康的な生活を送りましょう。
過敏性腸症候群と上手につき合って症状の改善に努めましょう。