ネキシウムを服用して辛い副作用が出ることはない?

胃痛にボルタレンは効果なし

注意喚起する看護師

ボルタレンは非ステロイド性消炎鎮痛薬に属するお薬です。いわゆる解熱鎮痛剤です。
痛みや炎症の原因となっているプロスタグランジンの合成を阻害することで、痛みや炎症を鎮めています。
そして非ステロイド性消炎鎮痛剤(解熱鎮痛剤)の中でも、最も強力な鎮痛効果がある薬がボルタレンです。手術直後の痛み止めとしても、よく使われています。

歯医者さんで抜歯をした後でも、「ボルタレンまで強力な鎮痛剤を使わなくても良いでしょう。ロキソニンくらいにしておきましょう」と言われることが多々あるくらいです。
それ程にも痛みを抑える効果が強いのが、ボルタレンです。
体のどこかに痛いところがあるときは、少しでも早くスッキリと治したいものです。ボルタレンは、腰痛や歯痛などの痛みを速やかに鎮痛してくれます。

痛みに悩まされている人にとって、手術の直後の痛み止めにも使われているくらいの痛み止めがあることを知ると、是非とも使いたくなるでしょう。
しかし、併用に注意が必要な薬もたくさんあります。

利尿剤の一部や抗真菌薬の一部、血液を固まりにくくする抗凝血薬、一部のうつ病の薬、一部の抗リウマチ薬などは併用に注意が必要になっています。
また、腎臓や肝臓に持病がある人は医師に申告すること、ぜんそくやアレルギーがある人も医師に申告すること、となっています。

持病があって治療中の人は、必ずお薬手帳を担当医に見せて、今飲んでいる薬を医師に知らせてください。
またお薬以外にも、健康食品やサプリメントの中にはボルタレンに影響を及ぼすものもあります。
健康食品やサプリメントを使っている人は、その旨も担当医に伝えましょう。

どのようなお薬であっても使い方を間違えると、思いもよらない事態になることがあります。
ボルタレンの鎮痛効果の強さだけに目が行ってしまうことのないように、服用の際は用量や用法を守って使用してください。
また、説明書や注意書きなども隅から隅まで熟読してから服用してください。

ボルタレンの副作用で胃痛の症状が出ることも

ボルタレンもロキソニンも、非ステロイド性消炎鎮痛剤を服用するときに気を付けなければならないのが、胃腸障害が起きたり胃痛や下痢などの副作用が起きたりする可能性がある、ということです。
そのため、ボルタレンやロキソニンを処方する時は一緒に胃薬を出すことが多いです。

また、いくら頓服用の痛み止めとして服用するのであったとしても、空腹時を避けて飲むようにと言われるはずです。
これは、胃腸障害や下痢や胃痛などの副作用が起きるのを防ぐためです。
夜中に痛くなって服用しなければならない時でも、ビスケットやバナナなど何でもいいので、身近にあるものを少しでも食べてから服用するようにしましょう。
できれば、食後に多めの水で飲むのが理想的です。

胃が荒れる程度ならまだしも、長期連用すると胃潰瘍の原因になります。現在、胃潰瘍の原因はピロリ菌に次いで非ステロイド性消炎鎮痛剤があげられています。

腰痛や歯痛でボルタレンを服用したときは、痛みが軽減しているのに漠然と使用し続けるのは厳禁です。
速やかに減量して他の種類のもっと軽い解熱鎮痛剤に変更するか、中止してください。ボルタレンを長期間連用するのは好ましくありません。

ボルタレンは、あくまでも痛みの激しい急性期を乗り越えるための薬だと解釈してください。
痛みの程度を、10が過去に経験のないくらいの強さで0を痛みなしとすると、6や7程度の痛みになってきたら他の解熱鎮痛剤でも十分に効くはずです。
他の解熱鎮痛剤に切り替えてください。継続して服用する際は、その可否を担当医に判断してもらいましょう。

なお、痛み止めだと言ってもこのような理由で胃痛には効果がないばかりではなく、副作用で余計に胃が荒れたり胃潰瘍になったりして胃痛を悪化させることもあります。
胃の調子が良くない時にはボルタレンは厳禁だと思っておくのが無難です。