ネキシウムを服用して辛い副作用が出ることはない?

お酒の飲み過ぎで胃もたれになる

楽しそうな飲み会のイメージ

お酒を飲むことは好きだけれど、お酒の飲み過ぎは胃もたれするからちょっと…と不安を抱える人も少なくありません。
また若い時にはお酒を飲んでも大丈夫だったけれど、年齢を重ねるとお酒を飲み過ぎると胃もたれするようになったと感じる人もいるのが現実です。

ではどうしてお酒を飲み過ぎると胃もたれしてしまうのでしょうか。
そもそも胃もたれとは、食べたものがまだ胃の中にとどまっていて、十二指腸の方まで流れて行かず、不快な症状を示している状態です。
食べたり飲んだりしてから時間は経過しているのに、いつまでも胃が重い、またげっぷが上がって来たりして不快感がある状態をいいます。

お酒を飲むとアルコールは胃の粘膜から吸収されていくのですが、飲み過ぎは胃の動きを緩慢にさせてしまうのです。
お酒を飲む時には、おつまみなどを食べることも楽しみますが、飲み過ぎてしまうと、おつまみもなかなか消化されないため、いつまでも胃の中にとどまった状態になってしまいます。
それが胃もたれの原因の1つです。

一度お酒を飲み過ぎて胃もたれになったという場合だけではなく、飲み過ぎが続いて慢性的な胃もたれがある人もいます。
これはアルコールによって胃の粘膜が刺激を受けたことにより起こった症状です。お酒は、胃の中に入ると粘膜から吸収されるのですが、アルコールの刺激で粘膜を傷つけてしまうことがあるのです。
特に空腹状態の胃の中は空っぽ状態。そこにお酒が入っていくと、そのまま吸収されてしまうので、粘膜が強いダメージを受けることに。
粘膜が傷ついてしまうと、胃本来の吸収や蠕動運動と機能が損なわれることもあります。その結果胃もたれを起こすことがあるのです。

一度ダメージを受けた胃の粘膜は回復までに時間がかかります。また飲み過ぎが頻繁に続くと、回復できない状態が続きます。
胃もたれを改善するためには、お酒の量と食べる量、そしてお酒を飲む回数などのバランスが重要です。

ビールを飲み過ぎると痛風になる

ビールをたくさん飲んでいたら、ある日突然痛風になったという人もいます。痛風とは前触れもなく突然症状が出てきて、更に痛みが強い状態が続きます。
そのため痛風の症状が出て初めてビールを飲み過ぎたせいだ…と反省する人も少なくありません。

ではどうしてビールを飲み過ぎると痛風になるのでしょうか。ビールにはプリン体という成分が含まれています。プリン体は尿酸の元になる成分。
そして痛風は、この尿酸が蓄積することによって発症する病気なのです。
そのため、ビールを摂取するとプリン体が体内に取り入れられ、血液中の尿酸値が上がっていく、そして痛風を発症ということになるのです。

ではビールだけを飲んでいるわけではないのに痛風になったという人もいるのですが、これはどういったことなのでしょうか。
実はプリン体は、おつまみで食べる食品の中にも含まれています。例えば、おつまみとして好まれる、魚の干物、レバーや魚卵といったものに多いのが特徴です。
そのためビールを飲み過ぎる人ではなくても、おつまみと合わせると結局体内に取り入れたプリン体の量は同じという結果に。その蓄積が痛風を発症しかねないのです。

以上のことから、アルコールの飲み過ぎやおつまみの食べ過ぎを避け、バランスを保ちながらお酒を飲むことを楽しむのが大切です。
また最近ではプリン体の少ないビールなどもあるため尿酸値が気になる人は、ビールの選択方法に気を付けると良いでしょう。

お酒を飲む時にあまり考えて飲んでも面白くないという人もいるかもしれませんが、お酒に酔って体を壊すということがあれば、飲むこと自体が楽しめなくなってしまいます。
そのため、お酒を飲む時には、空腹状態を避ける、飲む量や食べる量のバランスを考える、そして飲み過ぎに注意するということが大切です。